2012 証

분류없음 2012.11.13 16:15 Posted by 決して

2012  ― 黄 (Hwang Gayeon)

「それで, たいせつなのは, 植える 者でも 水を 注ぐ 者でもありません. 成長させてくださる 神なのです.植える 者と 水を 注ぐ 者は, 一つですが, それぞれ 自分自身の ¿きに 從って 自分自身の 報酬を 受けるのです.私たちは 神の 協力者であり, あなたがたは 神の 畑, 神の 建物です.」コリント人への第一の手紙 379

今までJCFにいたのももう一年8月目になります。5歳からずっとクリスチャンでしたが、JCFに来た後のクリスチャン生活は私が前まで経験したものとはぜんぜん違うものでした。

繰り返してみると、私がイエス様のことを私の救い主で信じたのも本当に偶然ではないです。「いつか人生の中で難しさがあったら、きっと神様のことを信じるのが貴方の人生の中でお手伝いになるわ」と言うクリスチャンじゃなかったお母さんの希望に、私は友達とは違うようにキリストけいの幼稚園に行ったことで、家族(お母さんと弟)がクリスチャンになりました。でも、時間が過ぎながら、お母さんと弟は教会に行かなくなりました。

でもクリスチャンの私の歩みはそんなに間断ではありませんでした。中学校の時代には頼りになった教会の友達から裏切られ、教会から離れましたが、偶然にクリスチャンの高校に進学しました。その時に神様に対した疑問を持ちながら、学校に行く一日は辛かったです。それを忘れるために日本のアニメを見ましたが、その傷は消えてなかったです。でも、その時に学校の中にある賛美伝道のクラブに入ることになって賛美する楽しさを分かり始めました。

その私でしたが、本当に神様に会ってクリスチャンになったのは大学一年生のときでした。今考えてみると本当に恵みですが、普通大学に進学したら、その新しい楽しさで、神様のことを遠ざけてしまうけど、私は逆に、真剣なクリスチャンになりました。神様のことを知るのが好きで、聖書を読み、賛美をしながら味わる神様は素敵でした。

その時、忘れた日本にたいした気持ちが再び盛り上がってきました。結局、JCFで賛美チームをしながら私の周りにいる日本人と神様の話をするのはそんなに間断ではありませんでした。でも、ECCCで会った色んな日本人のクリスチャン達はそれぞれの人生の中で、神様を従おうとしている姿は私と同じでした。

最小は私が通った韓国の教会の文化と違って大変でしたが、時間が過ぎれば過ぎるほど、一人のイエス様が頭で、一人一人の人々が体であるJCFの教会の中にいる私であることでした。私が願ったとしてここにいることではない。これは神様が神様の完全な国を完成のために今2012年JCFで私を使ったことであるです。私の現在の力とか能力とか経済の状態とか学生である身分とかは構いません。人が少なくなった状況を考えていることでもありません。私は、今、ここで、神様が私にやらせてほしい一日を従いながら生きているのです。

今、昨年とその前にクリスチャンになったその時と違う味わりをする機会を与えて下さった神様に感謝をささげます。今からもイエス様が来るその日まで私は私がいるべきな所で神様の素敵な副音を伝えます。神様に栄光がありますように。どうもありがとうございました。

2011証

분류없음 2012.11.13 16:14 Posted by 決して

嘉娟 (Hwang Gayeon)

 

こんにちは。嘉娟 (Hwang Gayeon)します。はじめに、ここまでをいてくださったをほめたたえます。これからすすべてのにおられるようにります。

は、英語よりも日本語にもっと興味っていました。から興味っていたして、日本語をぶえられ、だんだん日本語ができるようになってきました。いつか日本のためにきたいとうようになりました。2004高校生にちょっと日本にいってみました。ところがなかなかじなくて失望しました。そしてそのはもう日本についてえたくなくなってしまいました。

その、2006奇跡的にはっきりイエスキリストをじることができました。すべてにししていたに、しいえてくださいました。のみことばによって、性格人間環境のすべてがわっていきました。そして世界宣について興味めました。そして日本にまた興味をもちはじめました。その興味は私からはじめた興味じゃなく、神様が与えてくれた愛でした。自然に、いつか日本人といっしょにきたいとうようになりました。アメリカに来た跡でも日本人の友たちと遊んだりしたけど、何か言えない心からの不思議なことがありました。

3月から行き始めたデトロイトJCFで、最近は、日本人理解できるといはじめました。なぜほかの日本人の友たちと心が通じる話をしなかったか、私がクリスチャンであったからです。ここに来たから いつか日本人といっしょにをしたり聖書んだりしたいというがありましたが、夢がかない始めたように思います。日本人といっしょにいられるとっています。これからもJCFでみなさんといっしょにしたいとっています。できればムにりたいとっています。ふりかえってみると、いままでやってきたのすべての経験からのプレゼントだとっています。JCFをじて日本人にイエスえていきたいとっています。これからも神様が私を使ってどういう夢をかなえてくれるか期待しています。がありますように。どうもありがとうございました。

 



鳩山総理(はとやまそうり)大臣(だいじん)は、〝沖縄(おきなわ)のアメリカ軍普天間基地(ぐんふてんまきち)の移設(いせつ)問題(もんだい)について沖縄(おきなわ)県民(けんみん)やアメリカなどの考え方(かた)に基(もと)づいて政府案(せいふあん)を作(つく)ろうとしているところであり、決(けっ)して迷走(めいそう)しているわけではない”と述(の)べました。


->

鳩山総理大臣は、沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設問題について沖縄県民やアメリカなどの考え方に基づいて政府案の作ろうとしているところであり、決して迷走しているわけではないとのべました。


出處:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100430/t10014177631000.html



 

티스토리 툴바